格安マツエク・ネイル | 「フォルモーサ」熊本店

ネイル種類

11月21日

img_0364ジェルネイルのメリット
今流行りのジェルネイルのメリットといえば、やはり持ちが良いことです。
通常のマニキュアだと2~3日もすれば、先端からはげてきてしまいます。
どんなに気をつかって家事の際にはゴム手袋を使用したりしても、シャンプーをしたらはげてしまいます。
手は毎日使うので、どうしようもありません
その点、ジェルネイルは一度塗ると2~3週間、長いと1カ月以上はげることなくもつのです。
またマニキュアの場合、はげた部分は自爪が出てしまっているので、その部分から欠けてしまう事も多々あります。
しかし、ジェルネイルは下地としてのクリアジェルから始まり、カラージェル、トップコートと5~6回の重ね塗りをしてあります。
ジェルというだけあって、元がドロっとして厚みがありますので、それを何度も塗り重ねるため自爪の補強にもなります。
そのため、ジェルネイルを塗っている間は、爪が割れることなく保つことができるのです。
ジェルネイルを塗っている間は爪が欠ける事なく伸びるので、初めて長くなったという人も少なくありません。
そんなジェルネイルですが、爪への負担が大きいと思われがちですが、今では各種多数のメーカーが開発販売しています。
爪に優しく負担のない、また香りの良い物などもあり、安心して使用できるようになっています。

ネイルの種類はこんなものがある。ジェルネイル・ハードジェル編
ネイルサロンの集客のホームページによるとジェルネイルには、ソフトジェルと、ハードジェルの二つがあります。 ハードジェルは、強度があって、長さを出す、スカルプチェアなどに最適なジェルです。 従来から発売されているジェルネイルで、初めて誕生したジェルネイルは、こちらのタイプです。 抜群の透明感と、強度、そして、装着感が軽いことで、多くの人に利用されています。 リムーバー(ジェルを溶かす溶剤)では、解けないので、ジェルを爪から落とすときには、 爪用のヤスリで削って落とす必要があります。 主に、オーバーレイ(ネイルチップで、長さを出した上にジェルをかぶせる方法)に 向いています。 そして、ソフトジェルは、ソークオフジェルのことですが、これは専用の溶剤で溶けるので 落とすときには、削らずに溶剤を使います。 時間短縮も出来て、爪を削って傷つける心配がありません。 また、柔軟性があります。 爪が薄い方でも、こちらのソフトジェルを塗るだけでも強度が増します。 また、どちらがいいという判断ではなく、爪の状態に合わせて、それぞれの特徴を 理解したうえで、使い分けた方がいいでしょう。 ネイルは、使用の仕方を間違えると、爪の病気などにもなってしまうので 注意が必要です。 二つ使用してみて、自分にあったものを選びましょう。
ハードジェルとソフトジェルの違い
ネイルサロンをあちこちで見かけるようになりました。ネイルアートを楽しむ女性も増えてきています。 それにしたがって、サロンだけではなく自分で挑戦する人も多くなっているのです。 爪に装飾を入れて楽しむというおしゃれも、ずいぶんと身近なものになりました。

それに必要なものの中に、ジェルネイルがあります。これには、ハードジェルとソフトジェルがあるのです。 まず、ハードジェルですが、これはその名の通りに固めのジェルになっています。 ですから、爪に厚みをつけたり、土台となる型を使って長さを出したりすることも可能です。 爪の下処理が必要で、形を整えたり落としたりする場合には削りも必要ですが、仕上がるときれいなツヤのある爪を楽しめます。 一方のソフトジェルですが、これはその名の通りに柔らかめのジェルになっています。

ですから、自分の本来の爪にあわせてある程度曲げることも可能な柔軟性があるため、折れにくいです。 また、落とす場合には、専門のリムーバーもありますが、アセトン入りのものであれば、比較的簡単に取り去ることが可能です。 このように、ハードジェルもソフトジェルも、それぞれに長所があります。 そのため、爪のおしゃれを楽しめるTPOにあわせて、ハードジェルを使ったりソフトジェルを使ったりして、ネイルアートをすることをおすすめします。

ハードジェルとスカルプの違い
ハードジェルとスカルプの大きな違いは、ハードジェルはプラスチック樹脂、スカルプはアクリル樹脂 ということです。

ハードジェルは、ジェル状の合成樹脂をUVライトやLEDライトで硬化させます。 ジェルで地爪をコーティングするので、爪の強度が上がり、地爪を保護・補強 しながら伸ばすことができます。 ジェルはスカルプチュアよりも定着力があるので長持ちします。

爪の長さを出すのには不向きですが、透明感とジェルならではの艶感、ナチュラルな 仕上がりが期待できます。 ジェルの場合は固めるまでやり直しがきき、ホログラムなどの埋め込みも 簡単にできます。 また、ジェルはほとんど無臭なので、刺激臭はありません。

一方、スカルプチュアは、アクリルリキッドという液体と、アクリルパウダーという色の付いた粉 を混ぜ合わせたものを爪に乗せて作ります。 ジェルネイルよりも強度があり、長さのある爪が出来上がります。 強度でいうとスカルプチュアの方が硬いので、立体的な3Dネイルやネイルピアスをするのに向いています。

最大のメリットとしては、長さを出すのに便利だという点です。 自爪が短い人や、長さを出したくても爪が弱く、すぐに割れてしまうような人でも 簡単に長さを出すことが出来ます。

関連記事

  • 変形フレンチ♥

    変形フレンチ♥

  • I♡︎LA♪

    I♡︎LA♪

  • ライラック☆

    ライラック☆

  • 陥入爪(かんにゅうそう)の症状と原因・治療法

    陥入爪(かんにゅうそう)の症状と原因・治療法

  • 爪の異常・病気別対処法

    爪の異常・病気別対処法

  • ジェルネイル 豆知識

    ジェルネイル 豆知識

OPERATION MENU

GOOD POINT

RECRUIT

FORMOSA熊本店で仲間になって頂ける方を募集中

しっかり休みたいし、給料も多く欲しい、有給休暇も取りたいし、
スタッフ同士が仲良くなきゃ嫌、しっかりした会社が良いし安定もしたい、
頑張ったら頑張っただけ評価して欲しいし、どんどん上を目指したい、
頑張ったら手当が多いぶんの力を試してみたいなどなど、
1つでも当てはまったら、是非応募してみてください!