格安マツエク・ネイル | 「フォルモーサ」熊本店

爪に黒い線ができたとき、、

08月15日

IMG_0450
若い年代、主に10代後半ころまでにできる黒い線は、色素沈着によるものだとみなされます。メラニン色素が爪に増加して発生します。ほくろと同じように考えられますので、病気とは違いますから、心配はいらないでしょう。この場合は爪に黒い線が一本ハッキリと出ます。

しかし、病気のケースもあるのです。とくに、爪の根元部分に出る黒い線の形や大きさや変わってくるときは、悪性である可能性が高いです。

また、黒くなっている部分の境界線をよく見ましょう。たとえば境界線がぼやけていたり、色素が染み出ているように見えたら、悪性の可能性があります。すぐ受診をするようにしてください。

関連記事

  • 梅雨の時期のジェルネイル

    梅雨の時期のジェルネイル

  • 縦溝の原因は???

    縦溝の原因は???

  • 足の爪の正しい切り方

    足の爪の正しい切り方

  • ジェルネイルとマニキュアの違いとは?

    ジェルネイルとマニキュアの違いとは?

  • ハートネイル

    ハートネイル

  • 爪と貧血について

    爪と貧血について

OPERATION MENU

GOOD POINT

RECRUIT

FORMOSA熊本店で仲間になって頂ける方を募集中

しっかり休みたいし、給料も多く欲しい、有給休暇も取りたいし、
スタッフ同士が仲良くなきゃ嫌、しっかりした会社が良いし安定もしたい、
頑張ったら頑張っただけ評価して欲しいし、どんどん上を目指したい、
頑張ったら手当が多いぶんの力を試してみたいなどなど、
1つでも当てはまったら、是非応募してみてください!