格安マツエク・ネイル | 「フォルモーサ」熊本店

爪周囲炎について

01月28日

IMG_0487
爪の周囲はいつも外傷などの危険がある場所です。

爪周囲がささくれなどで傷つくとそこからばい菌が入り、爪の周囲が赤くはれるなどの炎症を起こします。
指先の腹側が化膿するものは、ひょう疽(瘭疽)と呼ばれます。

症状として急性炎症では爪の周囲の痛み、発赤、腫れがあり、進行すると膿(うみ)がたまります。ずきずきする痛みで、眠れないこともあります。
原因と病態

爪周囲炎は、ささくれ(さかむけ)、ふかづめ、陥入爪、マニキュア、爪を噛むくせなどが原因となり、化膿菌が進入して発生します。爪の根もとに向かって化膿が進んでいきます。
このほかに指先の腹側が化膿するひょう疽(瘭疽)という病態があります。

☆治療について

初期には化膿止め(抗生物質)と冷湿布で治療します。膿がたまっているときは切開して膿を出します。爪が食い込んでいるような場合は、食い込んでいる爪の一部を部分切除します。爪の下に膿がたまっていれば爪を切除して膿を出す必要があります。

関連記事

  • 梅雨の時期のジェルネイル

    梅雨の時期のジェルネイル

  • 縦溝の原因は???

    縦溝の原因は???

  • キュティクルクリーン

    キュティクルクリーン

  • ジェルネイルとマニキュアの違いとは?

    ジェルネイルとマニキュアの違いとは?

  • 甘皮についてPart3

    甘皮についてPart3

  • キレイな手

    キレイな手

OPERATION MENU

GOOD POINT

RECRUIT

FORMOSA熊本店で仲間になって頂ける方を募集中

しっかり休みたいし、給料も多く欲しい、有給休暇も取りたいし、
スタッフ同士が仲良くなきゃ嫌、しっかりした会社が良いし安定もしたい、
頑張ったら頑張っただけ評価して欲しいし、どんどん上を目指したい、
頑張ったら手当が多いぶんの力を試してみたいなどなど、
1つでも当てはまったら、是非応募してみてください!